このエントリーをはてなブックマークに追加

更新日: 2016年2月25日

実行時間: 0.0233

コアクラス

この章では以下のコアクラスについて説明していきます。

sys/core/CodeIgniter.php

  フロントコントローラ(index.php)は、クライアントからのリクエストを受け付ける窓口です。
そして、フロントコントローラは受け付けたリクエストをフレームワークの中核である「CodeIgniter.php」 に処理を託します。
 仕事を任された「CodeIgniter.php」は、それぞれの得意な分野を持つ部下達(コアクラス)を順番にロードして、 ユーザが開発したコントローラやモデルの処理をサポートする機能を提供、または準備します。

 CodeIgniter.phpは以下の順番でコアクラスをロードしていきます。

  1. CI_Benchmark
  2. Webアプリケーションの処理時間を計測する機能とメモリ使用量の表示機能を提供します。

  3. CI_Hooks
  4. フレームワークが処理するプロセス(手順)の合間で実行させるフックプログラムを管理します。

  5. CI_Config
  6. 設定ファイルを利用できるように準備します。

  7. CI_UTF8
  8. 文字コード「UTF-8」での処理ができるように準備します。

  9. CI_URI
  10. URIパスの管理を行いURIルーティングに必要な情報を初期化します。また、いくつかの機能をWebアプリケーションに提供します。

  11. CI_Router
  12. URIルーティングを行い、ユーザが開発するコントローラ・アクションメソッドを決定します。また、いくつかの機能をWebアプリケーションに提供します。

  13. CI_Output
  14. Webアプリケーションのレスポンス・出力機能を提供します。また、キャッシュの機能も提供します。

  15. CI_Security
  16. セキュリティに関する機能をWebアプリケーションに提供します。

  17. CI_Input
  18. クライアントから送信されるHTTPヘッダやリクエストパラメータを管理し、Webアプリケーションに入力情報を提供します。

  19. CI_Lang
  20. マルチ言語のテキストを管理し、Webアプリケーションのマルチ言語をサポートする機能を提供します。

  21. CI_Controller
  22. コントローラの基底クラスです。ユーザが開発するコントローラはこのクラスを拡張します。

  23. CI_Loader
  24. CI_Controllerクラスからロードされ、ユーザが開発するコントローラから各コアクラスの機能を利用できるようにします。

  25. CI_Model
  26. モデルの基底クラスです。ユーザが開発するモデルはこのクラスを拡張します。