このエントリーをはてなブックマークに追加

更新日: 2016年2月25日

実行時間: 0.0222

CodeIgniter システムクラス拡張

 CodeIgniterにデフォルトで備わっている「 system/ 」ディレクトリ内のコアクラス
ライブラリクラスの処理を拡張したり、変更したい場合があります。
 そのような場合、直接「 system/ 」ディレクトリ内のファイルを修正する方法はよくありません。
 この章では、CodeIgniterのコアクラスライブラリクラスの処理の拡張・変更する方法
を解説します。

ユーザライブラリ

 CodeIgniterにデフォルトで備わっているライブラリクラスとは別に、 新たにユーザ独自のライブラリクラスを作成・利用する方法を解説します。

ユーザヘルパー

 CodeIgniterにデフォルトで備わっているヘルパーファイルとは別に、 新たにユーザ独自のヘルパーファイルを作成・利用する方法を解説します。

モジュール

 他のフレームワークでは、一つのフレームワークシステム内に複数のWebアプリケーションを
モジュールという形で配置・開発する機能が備わっているものがあります。
 CodeIgniterには、他のフレームワークのようにモジュール構造を配置・開発する機能は、特別用意されていません。 しかし、サブディレクトリを利用・ 応用することでモジュール構造を模した構成を
作ることが可能です。

パッケージ (third_party)

 CodeIgniterには、コントローラ以外の「モデル」「設定」「ライブラリ」「ヘルパー」「ビュー」「言語」を 独自のプログラムをパッケージとして開発することができます。
 パッケージとして開発したものは、他のプロジェクトでの再利用や一般公開するなど、
他のCodeIgniterフレームワークWebアプリケーションに容易に組み込むことが可能です。

コマンドライン (CLI)

 CodeIgniterでは、WebアプリケーションとしてHTTPリクエストを処理するプログラムの他に
コマンドラインから実行できるアプリケーションを開発する仕組みが備わっています。
 cron処理やメンテナンスコマンドのプログラムを、CodeIgniterのコアクラスや、ライブラリクラスを
利用して、Webアプリケーションを開発する手法と同様に開発することができるため、
開発工数の短縮にもなり大変便利です。