このエントリーをはてなブックマークに追加

更新日: 2016年2月25日

実行時間: 0.0234

データベース設定

 CodeIgniterでは、複数のデータベースに接続するための設定も可能です。  この項では、基本的な設定方法や、複数のデータベースを利用するための設定方法を解説します。

データベース接続

 データベースにアクセスしてデータ操作を行うには、まず、データベースに接続する必要があります。  CodeIgniterでは、データベースに接続するとデータベースクラスのインスタンスが生成され、 データベースインスタンスを通して、データ操作を行うことになります。
 この項では、データベースインスタンスを生成してデータベースに接続する方法を解説します。

SQLクエリの生成と実行

 データベースインスタンスを利用して、SQLクエリをデータベースに送信する方法と、指定されたSQLクエリを 適切にエスケープする方法を解説します。

DBクラスの機能

 データベースインスタンスの基底クラスである「DB_driver」が提供する各機能を解説します。

結果の取得

 データベースインスタンスがデータを抽出するクエリをデータベースに送信すると、その結果を
受け取り結果オブジェクトを生成して返します。
 この項では、結果オブジェクトが提供する機能を解説します。

Active Record

 「Active Record」はオブジェクト指向におけるデザインパターンの一つで、オブジェクトによる
リレーショナルデータベースの操作を容易にする手法です。
 CodeIgniter独自の「Active Record」の操作方法を読込み処理と書込み処理の二つの項に分けて解説します。