このエントリーをはてなブックマークに追加

更新日: 2016年2月25日

実行時間: 0.0224

インストール

 CodeIgniterのインストールは極めて簡単です。

 しかし、レンタルサーバ等ドキュメントルートの上位ディレクトリにアクセスできない場合を除き フロントコントローラ(index.php)以外のファイルはドキュメントルート配下以外のディレクトリに設置することをお勧めします。  したがいまして、今回は一手間かけることにします。

 ここでは、下記の環境でインストールすることを前提として説明します。適宜、みなさまの環境に置き換えてください。

  • アプリケーションユーザ
  • webapp
  • アプリケーションディレクトリ
  • /var/www/vhosts/webapp
  • ドキュメントルート
  • /var/www/vhosts/webapp/htdocs

CodeIgniterのダウンロード

  • ダウンロード・解凍
  • # cd /var/www/vhosts
    # wget http://codeigniter.com/download.php -O CodeIgniter_2.1.0.zip
    # unzip CodeIgniter_2.1.0.zip

 圧縮ファイルを解凍すると「CodeIgniter_2.1.0」ディレクトリの中には、 「application」「system」「user_guide」ディレクトリと「license.txt」「index.php」ファイルが ありますが、動作に必要なものは「application」「system」と「index.php」となります。

アプリケーションディレクトリの作成

  • ディレクトリの作成
  • # mv CodeIgniter_2.1.0 webapp
    # mkdir -p /var/www/vhosts/webapp/htdocs/{images,css,javascripts}
    # chown -R webapp:apache /var/www/vhosts/webapp
    # chmod -R 0775 /var/www/vhosts/webapp/application/logs
注:
 
/var/www/vhosts/webapp/application/logs はアプリケーションログファイルを出力するディレクトリです。適宜Webサーバが書き込める権限を付与します。

フロントコントローラの設置 一番上に戻る

  • index.phpの設置
  • # mv webapp/index.php webapp/htdocs/

 これでインストールは完了です。

 しかし、「application」「system」ディレクトリをドキュメントルート以外に配置した場合は 両ディレクトリの配置パスを設定しなければなりません。 設定方法は次章にて説明いたします。

ディレクトリ構成 一番上に戻る

 CodeIgniterを上記のようにインストールするとディレクトリ構成は以下のようになります。

    
    webapp/
         |- htdocs/
         |        |- index.php
         |        |- images/
         |        |- css/
         |        |- javascripts/
         |
         |- application/
         |        |- cache/
         |        |- config/
         |        |- controllers/
         |        |- core/
         |        |- errors/
         |        |- helpers/
         |        |- hooks/
         |        |- language/
         |        |- libraries/
         |        |- logs/
         |        |- models/
         |        |- third_party/
         |        |- views/
         |
         |- system/
                  |- core/
                  |- database/
                  |- fonts/
                  |- helpers/
                  |- language/
                  |- libraries/
    
    

 「 htdocs/ 」がドキュメントルートとなります。
 従って、「 application/ 」ディレクトリと「 system/ 」ディレクトリは 物理的に直接HTTPでアクセスできない構成となっています。  CodeIgniterのデフォルトのディレクトリ構成でも、一応は「 application/ 」と、
「 system/ 」内のファイルにアクセスしても 実行されないようになっていますが、物理的にアクセスできない方が確実に安全です。